NSDI THAI

バンコク進出・法人設立・ビジネスならNSDI THAI -Since 2005-
 +66-2272-3340
お問い合わせ

お知らせ

2017 / 10 / 11  17:22

前タイ国王の葬儀につきまして

319512_262871217076954_1077311469_n.jpg
10月25日~29日に執り行われる前タイ国王の葬儀につきまして、荼毘に付されるのが26日となる為、同日はタイ王国の公休日となります。
 
26日の火葬当日は、バンコク首都圏の都市鉄道、チャオプラヤ川や運河を運航するフェリー等、運賃が無料になる予定です。
 
また、バンコク都内と郊外のスワンナプーム空港を結ぶ高架電車エアポートレイルリンクは25日~27日に運賃が無料となります。
 
BTS高架電車は、26日が全線無料となり、25日と27日は、オンヌット―サムロン、ウォンウィエンヤイ―バンワーのみ無料となります。
 
ブルーライン(MRT)は26日が無料。パープルラインは25~27日が無料となります。
 
総合スーパーを展開する小売り大手テスコロータスは、26日14:00PMから全店舗を臨時休業します。
 
映画館メジャーシネプレックスは26日に全館を休館します。
 
野外動物園「サファリワールド」、パタヤのニューハーフショー「ティファニー」なども26日に休業となります。
 
その他、娯楽施設、娯楽関連施設は、葬儀期間中に休業する可能性があり、また、娯楽イベント等も中止又は縮小開催となる場合が有りますので、訪タイされる方は、事前に情報収集されスケジューリングされますことをお勧めします。
2017 / 09 / 25  00:01

10月~11月の業務対応について

ダウンロード.png

 

タイ王国では、207年10月25日~29日に、故プミポン前国王の葬儀が行われます。このことから10月~11月の間は政府機関及び行政機関窓口の対応日時が変更になることが予想されます。

 

上記の影響により、10月~11月の間のバンコクにおける各種ビジネス関連の対応につきましては、スケジュールが大幅に変更となる場合がありますのでご了承ください。また、余裕の有るビジネススケジュールの組み立てをお願いします。

 

※1) 尚、10月1日から29日までの期間は、バンコクの王宮と仏教寺院ワットプラケオの一般公開も中止されます。
※2) 10月~12月はバンコク都内では激しい渋滞が予想されます。公共交通機関の利用をお勧めいたします。

 

2017 / 08 / 10  09:27

2017夏季休業のお知らせ

IMG_4071.JPG

 

 

誠に勝手ながら、2017年8月11日(金)~8月20日(日)まで、NSDI JAPAN、及び、NSDI THAIは夏季休業とさせていただきます。

ご不便をおかけしますが、何卒ご理解いただきますようお願い致します。

電子メールでいただきましたお問い合わせにつきましては、8月21日(月)以降、順次対応させていただきますので、ご了承の程、お願いいたします。

2017 / 01 / 25  15:21

現在のASEAN及び周辺国の基本的な税情報について

50th-asean-logo-330x265-copy-330x265.png

2017年1月1日現在ASEAN諸国及び周辺国の基本的な税情報です。


■タイ王国

・法人税 20%
・個人所得税 0~35%
・付加価値税 7%
・源泉課税(Withholdings TAX) 配当金 10%、利子 15%、ロイヤリティ 15%

■ミャンマー
・法人税25%(本社)、35%(支社)
・個人所得税5%~25%
・付加価値税 7%
・源泉課税(Withholdings TAX) 配当金 0%、利子 15%、ロイヤリティ 20%

■ラオス
・法人税24%
・個人所得税0%~24%
・付加価値税 10%
・源泉課税(Withholdings TAX) 配当金 10%、利子 5%、ロイヤリティ 5%

■カンボジア
・法人税20%
・個人所得税0%~20%
・付加価値税 10%
・源泉課税(Withholdings TAX) 配当金 14%、利子 14%、ロイヤリティ 14%

■ベトナム
・法人税22%
・個人所得税5%~35%
・付加価値税 10%
・源泉課税(Withholdings TAX) 配当金 0%、利子 5%、ロイヤリティ 10%

■シンガポール
・法人税17%
・個人所得税2%~20%
・付加価値税 7%
・源泉課税(Withholdings TAX) 配当金 0%、利子 15%、ロイヤリティ 10%

その他、アジア太平洋地域のマレーシア、フィリピン、インドネシア、ブルネイ、中国、韓国、インド、オーストラリア、ニュージランドの税の基本情報が知りたいお客様は個別にお問い合わせください。

2017 / 01 / 10  15:24

カンボジア「アンコールワット(遺跡群)」入場料値上げについて

IMG_3521.JPG

アンコールワット(遺跡群)を管理するアプサラ機構は、2017年2月1日以降のアンコールワット(遺跡群)入場料を値上げすると発表しました。

*1日券 現行$20 → $37 ($17の値上げ)
*3日券 現行$40 → $62 ($22の値上げ)
*7日券 現行$60 → $72 ($12の値上げ)

つきましては、来春以降にアンコールワット(遺跡群)を含む、社員研修、視察などを予定されている方は、経費算出、予算編成などにご留意ください。
尚、先に旧価格で入場券を購入した方も、2017年2月1日以降に入場する場合は差額を徴収するとのことです。

1 2 3 4
2020.09.21 Monday